産毛の脱毛にはハイパースキン脱毛が最適


産毛の脱毛には、ディオーネのハイパースキン脱毛が最適です。光脱毛やレザー脱毛は、高熱で毛根を焼くので、熱かったり、痛かったりします。そのため、どうしても肌を痛めかねません。ハイパースキン脱毛は、発毛因子に直接働きかけ、生育を抑える脱毛法なので、高熱は必要なく、照射した瞬間の肌の温度も38度以上になりません。痛みがなく肌にも一切負担のかからない脱毛方法になっています。また、光脱毛は高い熱で黒い色に反応させるので、色素が薄い産毛などの脱毛はどうしても苦手です。その点、ハイパースキン脱毛であれば、肌色や毛質に左右されないので、産毛の脱毛にも向いています。眉間や小鼻などの産毛までを含めて、顔全体をキレイに脱毛することができます。ハイパースキン脱毛は、今現在生えている毛には何もしないのが特徴で、毛穴から毛が抜けた後、もしくは生える前の発毛期状態の毛穴だけに効果を発揮します。毛を作り出すタイミングをとらえて特殊な光を照射することで、毛に成長する前の発毛因子の細胞分裂を減退していきます。顔の脱毛は産毛などの細い毛が多く、従来の脱毛方法では適していなかったのですが、ハイパースキン脱毛は、照射温度が低く、美肌効果があるので、顔の肌を痛めません。